フォト

作品/村田栞

  • 作品/村田栞へ

犬猫物語

  • 枯れ葉色の犬へ

日記・コラム・つぶやき

2017年9月18日 (月)

嵐の夜に、元カノが

今日の午前3時頃、
風雨の中、吉のトイレのために庭へ出ると、そこに1頭の犬がいました(゜Д゜)
足もとがおぼつかない、よぼよぼの柴犬です。首輪もリードもつけていません。


「君はだれ!? こんな嵐の中、いったい、どこから来たの!?」
家族全員、軽いパニックに陥りました。

柴の老犬は、目が見えないらしく、匂いを嗅ぎながら、おそるおそるといった様子で庭をうろうろ。


「取りあえず、雨風が当たらないところへ――」


 玄関へ入れようと、抱き上げましたが、噛もうとしますし、
その上、何とか入った玄関からも、すぐに出てしまいました。

 そこで、吉が以前に使っていた首輪とリードをつけて、テラスに誘導します。

 あらためて、懐中電灯で照らしてみると、どこかで見たようなお顔。


「もしや、ハナちゃん?」


ハナちゃんは、吉右衛門の昔のガールフレンドのひとり。
我が家から150㍍ほど西に行ったところに住んでいる、17歳の女のコです。
まだ吉右衛門が歩けていた頃、ハナちゃんの家は散歩コースで、吉は欠かさず、ハナちゃんちの横の空き地にお手紙を書いていました。

 
出会って日の浅い頃は、吉に吠えかかっていたハナちゃんでしたが、日が経つにつれて、吠えなくなり、散歩ですれ違う時には、挨拶を交わす仲に――。
けれど、昨年の暮れに吉が体調を崩して、歩けなくなり、以来、ハナちゃんとは会っていません。
最後に見た時のハナちゃんは、まだかくしゃくとしていましたが、あれからおよそ9ヶ月。
ハナちゃんも目が悪くなり、足腰が弱り、認知症が始まってしまった可能性はあります。


試しに、吉を近づけてみると、互いに鼻を突き合わせてフンフン。
「ハナちゃんかな?」
吉右衛門の場合、女のコにはもれなくフレンドリーなので、あてにはなりませんが、相性は悪くなさそうです。


Photo
(手前のニラの花にピントが合ってしまった)
右が迷子犬、左が吉右衛門です。


「ハナちゃんは、外派の犬だから、台風で玄関に入れられたけど、それがイヤで逃げ出したのかな」
そうは思うものの、この老犬がハナちゃんであるとは限りません。
「誰かが、うちなら飼ってくれそうだからって、捨てに来たんじゃないの?」
と、おばあちゃん。


「明るくなったら、ハナちゃんの飼い主さんに連絡してみよう」
身元不明犬の問い合わせのために、午前3時に訪問するわけにはいきません。
「もしも、ハナちゃんじゃなかったら、警察と保健所と愛護センターに連絡して……
それで飼い主が見つからなかったら……」


 うちで飼う???


吉右衛門と、この老犬と、両方を面倒見られるのだろうか。
モミジだっているし――。
そんな考えが、頭をぐるぐる。


モミジは、最初、迷い犬を吉だと思ったらしくて、近づいていき、匂いを嗅いで違うことに気づいたのか、目をまん丸にして跳び退りました。
その後は、ニャーニャー大騒ぎ。

「おじちゃんじゃないっ! 知らないおばちゃん!!」

突然、新しい犬と同居を始めたら、モミジが家出するかもしれません。


「早く、明るくなれ~」
 いつの間にか、風雨が弱まり、雲間に星が瞬き始めていました。吉を抱え、それらの星を仰ぎながら、夜明けを待ちます。

そうしているうちに、老犬が吹きだまった落ち葉をかじり始めました。
「お腹空いてるの?」
ドッグフードをお皿に入れて、口元まで持っていくと、なかなかの勢いでハグハグ。
食欲があるのは、健康な証拠\(^_^)/
お水も飲みました

Photo_2


ちょっと明るくなった頃、「迷い犬預かってます」のチラシを作らなければならないことを想定して、写真を撮りました。

Dsc_0361
本当は午前6時を待とうと思っていたのですが、いても立ってもいられず、5時半過ぎに、ハナちゃんの飼い主さんのお宅を訪ねました。


やっぱり、迷子の老犬は、ハナちゃんでした。


ハナちゃんは、塀と壁の間に設けられた屋根付き物置に住んでいて、
出入り口は柵で仕切ってあったのですが、その柵を乗り越えてしまったようです。
でも、歩くのもやっとの老犬が、どうやって柵を乗り越えたのでしょう。
飼い主さんも首をひねっていました。


それにしても、なんという偶然。
雨風吹きすさぶ午前3時、庭に出るなんて、うちぐらいのものです。
ハナちゃんが、我が家の方に曲がらず、そのまま真っ直ぐに道路を下りていたら、
誰にも保護されず、事故に遭っていたかもしれません。
運良く誰かに保護されたとしても、飼い主さんがわからず、すぐには家に帰れなかったでしょう。

迷い込んできたのが、我が家でよかった、としみじみ思ったしだいです。


もしや、ハナちゃん、吉に会いにきてくれたのかな?


そういえば、前にも、台風の日に迷い込んできた犬がいたなー。


P8240125
ぼくが、台風の日に迷い込んできた 村田こげちゃったハツです。
 

2017年9月12日 (火)

雑感

先日の防災訓練の日、吉を抱いて第一次避難場所へ行くと、大勢のご近所さんに声をかけられました。
「最近、姿を見ないから、どうしてるかな、って思ってたんだよ」
「がんばってるねえ」
ほとんどの方は、犬や猫を飼っている、もしくは飼っていたからか、年老いた吉右衛門に対して、とても優しく接してくれました。
「うちのも、最後はこんな感じだったねえ」


そう言ったのは、Nさん。彼女は10年ほど前にご主人を亡くされたのですが、そのご主人が、とても犬を可愛がっていたことを思い出しました。
「ご主人、夜は一緒に寝てたって仰ってましたね」
「旦那が逝ってから、間もなく歩けなくなって、1年もしないうちに死んじまったさ」

あとを追ったのかねぇ――と、溜息まじりにNさんは仰っていました。


Photo



ここで、人生観や死生観について大仰に論ずるつもりはないし、
そもそも私自身、大したポリシーもなく、経験も浅く、ただ日々のことに追われて暮らしているだけなので、人生を語る資格もないのですが、

私は、常々、父母や子どもたちが、

90過ぎまで長生きして、最期は大切な人に見守られて、「いい人生だった」と思えるように――と願っています。
90過ぎまで生きれば、残された者も「もう歳だから」「大往生だよね」とあきらめがつきます。
また、長い人生のうちには、辛いこと苦しいこともあれば、楽しいこと幸せなこともあります。すべてが順風満帆にはいかなくても、最期に「いい人生だった」と思えれば充分ではないでしょうか。
実際のところ、そんな最期を迎えられる人は、少ないような気がします。

犬猫の最期に関して思うことは、
最も信頼している飼い主に見送られるのがいい。
順序が逆になるのは悲しいです。


Photo_2



犬猫には、人間の事情はわかりません。



Photo_3

Photo_4

暗い話になってしまいましたsweat01
モトさんやタマちゃんのこともあり、
季節の変わり目のせいか、ここのところ見守っていた犬猫さんの訃報が相次ぎ、
気持ちが下降気味down

吉右衛門も、何となく変。
食欲もあるし、排泄も順調ですが、
目が覚めている間は、文句たらたら。
太陽フレアの影響もあるのでしょうかね?





2017年9月 3日 (日)

タマちゃんのお話



単なる独り言。


(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)


昨日、義母と共に、モトさん(義妹)の遺品整理に行った。
チャイムを鳴らすと、トシさん(義妹の夫)が、猫を抱えてドアを開けてくれた。
猫の名は、タマ。オレンジ色に近い茶トラの雑種である。


1504363889793

「ずっと玄関にいて、モトの帰りを待っているんです」
 トシさんは、そう言って、悲しそうに微笑んだ。
タマは、保護猫である。
仔猫の時、畑で鴉に襲われているところを農家の方に発見され、保護団体を経て、モトさんトシさんのところにやってきたという。
子どものいない義妹夫婦が、タマをどのように育てたか想像に難くない。
モトさんが入院していた時にも、タマはずっと玄関にいて、じっとドアを見つめていたという話は以前に聞いていた。

一昨日のことである。義母がモトさんの衣類整理を始めると、タマが爪を立てて義母に飛びかかったという。タンスから衣類を出す義母の手にかみつき、トシさんが止めに入ると、毛を逆立てて、「シャーッ!」
仔猫の頃のタマは、かなりやんちゃだったそうだが、成猫になってからはだいぶ落ち着き、来客にも怖じけることなく、近くに座っているとのことだった。
まして、義母は度々モトさんの家を訪れていたので、タマは義母には慣れているはずだったにもかかわらず――。

タマが何を思って、義母に襲いかかり、飼い主であるトシさんに対して怒りを顕わにしたのか。

 モトさんの物に触らないで!
 洋服がなかったら、モトさんが帰ってきた時に困るでしょ!

きっと、そんな気持ちだったのではないだろうか。



結局、その日、義母は衣類の整理を諦め、
(タマが邪魔したからではなく、整理の効率を考えてのことだが)
昨日、私とともに出直したのである。


私が部屋に入ると、タマは私の匂いを熱心に嗅いだ。

「ママのお洋服、もらっていくよ。ごめんね」

私の言葉を理解したのか、それとも2、3度しか会ったことのない私には遠慮があったのか、タマは私には手を出さなかった。
ただ、瞬きもせずに、私の作業をじっと見守っていた。


1504364064893


猫のタマには、モトさんがもう帰ってこないことを理解するのは難しいだろう。
おそらく今も、玄関に座って、モトさんを待っているに違いない。そう思うと、ひどく切ない。

そういう意味では、センター持ち込み犬である吉右衛門も、タマと同じだ。
元の飼い主には二度と会えない。けれど吉右衛門にはそれが理解できず、今も迎えにきてくれるのを待っているのではないだろうか。
医者から「2、3日がヤマ」と言われて8ヶ月。吉右衛門が生き延びているのは、元の飼い主に会いたいからではないのか――と、そんなふうにさえ思えてくる。

もしも、元の飼い主さんがご存命ならば、ひと目だけでも会わせてあげたい。
嗅覚が残っているうちに、意識がはっきりしている今のうちに。
無理な願いだと、わかっているけれど。



2017年7月17日 (月)

カズヤくん あらため カズコちゃん

うちにはカズヤくんとイーグルくんというカメがいます。
カズヤくんは多分クサガメ。推定年齢12歳。
イーグルくんはミシシッピアカミミガメ。引き取った時に、すでに体長15㎝を越えていたので、13歳以上は確実だと思われます。
種類が違うので、それぞれ別々の水槽で暮らしています。


この1週間ほどカズヤくんの様子が変だなとは思っていました。水槽の中で一日中バタバタしていて、その割に餌の食いつきがよくないのです。
暑さのせいかな、と思い、昼間の一番気温が高い時に水槽の水を替えて、温度を調節していました。

今朝のことです。
吉右衛門のトイレのために庭に出て、ふとカメの水槽を見ると、
乳白色に濁っているではありませんか。

「いったい何が?」

カズヤくんは、その白濁した水の中でじっとしています。

「まさか、死――」

急いで、吉右衛門を部屋に戻し、カズヤくんを水槽から出すと、彼は首をにゅっと出しました。
生きてはいるようです。

「食べ残しの御飯が腐ったのかな」

水槽の水を庭の端に捨てると、なぜかザラザラっと、聞き慣れない音が――。

「嘘っ!」

Dsc_0255_1
この白いのは、もももしかして、たた、たまご!!
「君はカズヤくんじゃなくて、カズコちゃんだったの!」

飼い始めて12年、今まで卵なんて産んだことなかったし、
そもそも♂だと思い込んで、カズヤと名づけてしまいました。
「じゃあ、この1週間、バタバタしていたのは――」

ネットで調べたところ、カメは陸上で産卵するとのこと。
でも、水槽にはプラスチック製のひなたぼっこ台を入れてあるだけ。
カズヤくん あらため カズコちゃんは、卵を産みたくて、外へ出ようとしていたのかもしれません。

結局、カズコちゃんは、不本意ながら水中で産卵し、それを踏んづけたのでしょう。
水槽の水が白濁したのは、卵白だったのです。

「かわいそうなことをした」

無精卵とはいえ、産みの苦しみを思うと、カズコちゃんに申し訳ない気持ちになりました。
当のカズコちゃんは、すっきりしたお顔で、御飯をおかわりしましたけど。


Dsc_0249_1

(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)

前記事では現状維持できていると報告した吉右衛門ですが、
この2、3日、食欲がありません。
暑さのせいかなー。
今日は、高齢猫用のなめる栄養食をやってみました。それは喜んで食べてくれました。
今年の夏を、何とか乗り切って欲しいです。


Dsc_0252_1
目、開いてますが、眠ってます。

追記
義妹の葬儀では、私は留守番させてもらいました。
“パパさん”も“おばあちゃん”も、「吉ちゃんを独りにはしておけない」と言ってくれて。
私も吉右衛門も、本当に恵まれています。



2017年7月12日 (水)

頑張ってね と 頑張ったね

我が家の老犬吉右衛門。
月曜日の受診の結果。
体重は7、95㎏ 前回よりも200グラム増\(^_^)/
あとは特に変化なし。
なので
いつもの整腸剤とビタミン剤を処方してもらい
加えて7月分のフィラリア予防薬。
ついでに、モミジのノミダニの薬もらってきました。

Dsc_0244_1


お耳にちょこっとハゲができましたが、
お医者さんによると、この季節にはよくある皮膚病で、
治療してもよくならないこともあるし、
治療しなくても自然に治る場合があるので、様子を見ましょう
とのこと。

ま、耳にハゲができたぐらい、どうってことありません。
現状維持できているだけでgood

(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)


以下は、単なる独り言です。(写真もお絵かきもオチもありません)


義父は亡くなる数日前
「俺はもう何も心配することはないな?」
と、義母すなわち自分の妻に問うた。
義母は、
「大丈夫。何も心配することないよ。安心して」
と、笑顔で答えた。

それからしばらくして、義父は危篤状態に陥った。
時折、目を覚ますが、ひどく苦しげな声を発するばかりで、意識はもうろうとしているようだった。
義妹――義父にとって実の娘は、泣いて父親にすがった。
「お父さん、頑張って!」


私は、最大限頑張っているひとに、「頑張って」とは言えない。
頑張ることで道が開けるなら、いくらでも叱咤激励するが、
そうではない場合も多い。
単に苦痛を長引かせるだけなら、もう頑張らなくてもいいのではないか――そんな風に思っている。


かといって、義妹の「頑張って」の言葉が間違っているとも思わない。
彼女の、父親を失いたくないという嘆きが「頑張って」という言葉に置き換わったのだから。

義母も義妹も、どちらも義父を想えばこその言葉かけだ。

それから十八年が経ち、
今度は、義妹が死の床に伏した。


「お母さんより先に逝くわけにはいかないものね。頑張らなくちゃ」
私が見舞うと、彼女はそう言って微笑んだ。
私は、一瞬の躊躇の後、「そうだね、頑張って」と、笑みを返した。


困難に打ち勝てという意味の「頑張って」ではない。

家族に心配をかけさせまいとする彼女の思いやりに応えたかった。
生きようとする彼女の意志を応援したかったからだ。


義妹は小林麻央さんのブログを読んでいたという。
私はまだ全部読んでいない。
最初の数日分を読んだところで、義妹の姿と重なり、読めなくなってしまった。


蒸し暑い夏の明け方、義妹は逝った。
「最期まで頑張ったね」
解放された彼女に、そう声をかけた。


落ち着いたら、麻央さんと海老蔵さんのブログ、読んでみようと思う。

2017年6月 3日 (土)

“おじいちゃん”

これまで、支えていなくては歩けない吉右衛門でしたが、


Photo


Photo_2


ここのところ調子がよくて、
Photo_3

正しくは昨日↑


Photo_4
Photo_5
Photo_6



2歩進んで3歩下がる我が家の老犬。coldsweats01
健康的なうんPだったので、よし、ということに。

(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)

6月1日は“おじいちゃん”の命日でした。
今日は、“おばあちゃん”と“パパさん”がお墓参りに。私は吉右衛門とモミジとお留守番。


“おじいちゃん”が亡くなって、もう18年経ちます。

ツクネ(犬)をもらったのが、22年前。
その翌年、ハツ(犬)を拾い、
野良猫が通ってきて、
“おじいちゃん”が亡くなって――。
という話を書いたのが13年ぐらい前。(発表したのはだいぶ後ですが)
当時は、野良犬野良猫が近所をうろうろしていました。
通い猫に餌をやることのリスクも知りませんでした。
保護犬保護猫、地域猫という言葉も。
ホント、無知だったなあ。

でも、“おじいちゃん”が、私たちや、犬たち、通い猫たちに見せた優しさは真実。
その優しさを、忘れないでいたいです。

ハツが死んで、ツクネが死んで、通い猫がうちの前で死んで、
その猫の子どもの1号2号3号をうちに迎え入れ、

1号2号が死んで、
(死ぬ、って、直接的すぎて何か抵抗ありますね)

吉右衛門とモミジを迎えたのが4年前。
そして3号も1号2号のもとへ旅立ち……。

時はどんどん流れていっているんだなあと、しみじみ。

うちの近所は、みんな犬や猫を飼っていたことがあり、吉右衛門やモミジにも寛容です。
けれど高齢化が進み、今、ペットがいるのは、うちとお向かいさんだけ。

「犬は好きだけんど、へえ飼えんずら。俺の方が先におっちんじもう」
数年前に、近所のおじさんとそんな話をして、
本当に動物が好きな人は、飼わないんだ――と思った憶えが。


そして、ふと気づけば我が家も、もう子犬や子猫を迎え入れることはできない年代に。
この先20年、元気でいられる自信はありません。

吉右衛門が最後の犬、そして、モミジが最後の猫。

そしてこの子たちが、(最初で)最後のカメ。
Photo_7


Photo_8




2017年4月15日 (土)

想定外

今日は、暖かかったですね。

水浴びにはちょっと早いけど……。

Photo

水皿をひっくり返すかも――とは思ったのですよ。
でも、はまるとは思いませんでした。


今までずーーーーっと、うちにあったけど、
(少なくとも30年)
花が咲いたの見たことなかった
これ↓


Dsc_0195_1


クンシランというそうです。
“おばあちゃん”が、まだ埼玉に住んでいたころに、
お友達からもらったとのこと。
その時に、「花、咲かないから」と言われたとか。coldsweats01
それでも、咲いたんだもの。奇跡って、あると思う。


Dsc_0197_1

2016年12月16日 (金)

歯医者にて

3号が旅立って



まあ、覚悟はできていましたし、
うちには、要介護の老犬吉右衛門もいますし、
実家にも病人がいますし、
仕事もそこそこやっていて、
当日は、3号の埋葬を含めて慌ただしく過ごしました。


翌日は歯医者でした。
治療は終盤、銀歯をかぶせるだけ。
Photo_7


暇だったんですね。
天井を眺めていたら、いろいろと思い出し……。


Photo_9
Photo_10


ああ、もういないんだな……と。


キましたね。
Photo_11
なんか、止まらなくなってしまって、
歯医者さんに心配されました。
Photo_12
 

いいおばさんが、大口あけて愛猫を忍ぶ とか、絵にならないなーとcoldsweats01



私の部屋の3号ハウス↓ まだ片付けられません。
Photo_13


この二日、吉右衛門と寝ています。
私はこれまで、夜は3号に付き添っていたので、
吉右衛門の夜のトイレ担当は、“パパさん”ですが、
その権利を譲ってもらいました。
ふかふか具合が少し違いますが、けっこう癒やされます。


(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)

遅くなりましたが、コメントのお返事しました。
温かいお言葉に、とても慰められました。
本当にありがとうございました。

2016年9月13日 (火)

そらまめ

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

ミニチュアホースの そらまめ ちゃん

Photo_5

Photo_6

夏休み、
長野県佐久市のスエトシ牧場へ行った時の写真。

今は、そらまめ よりも小さな えだまめ が生まれたとか。
見に行きたいなー。

おうちの事情が許せば、馬、飼ってみたい。
そらまめ ぐらいの大きさだったら飼えそう。

この大きさの馬は無理だけど。↓

Photo_7

シャルロットは79年5月14日生まれなんですって。
今、37歳!

君たちも、長生きしておくれ。
Dsc_0396

Dsc_0395

Dsc_0455_2

2016年8月19日 (金)

ねこ 岩合光昭 写真展

13日、盆休みで帰省してきた家族と一緒に、岩合光昭の写真展に行ってきました。

(敬称略で、失礼します。私にとっては、フレディやブライアン、ゴッホやミケランジェロ等と同じく、「さん」や「様」をつけない存在)

16日に行けば、ご本人にお目にかかれたのですが、残念。

Dsc_0375_2

Dsc_0376

Dsc_0377


街角や屋根の上でくつろぐ猫さん。
猫島として知られる田代島の風景。
エジプトやイタリア、トルコでも、猫さんは、やっぱり猫さん。

「ネコが幸せになればヒトも幸せになり、地球も幸せになる!」
という、岩合光昭の言葉に、
いろいろ考えさせられたり、
いろいろ思い出したり――。

むかーし、むかし。(30年ぐらい前)
我が家の隣は、サクランボ畑でした。
その畑の持ち主さんが、「鳥よけになるずら」と、畑で猫を飼い、

こんな感じ↓ 

Photo

その番猫が、我が家の初代通い猫です。たぶん、うちの3号は、その猫の子孫。

当時、猫は家と外を行ったり来たりが当たり前。(少なくとも私の住んでいる地域では)
野良猫もいて当たり前。
だから、保護猫や地域猫という存在や、それにまつわる問題を知った時には驚きました。

命を大切にしたいという気持ち。
不幸な猫が増えないようにという願い。
猫によって、人間が被る迷惑――。

それぞれの立場、それぞれの考え方、
単に、猫が好き~(*^O^*)では済まされません。


うちは、猫を放し飼いにしています。

糞尿被害や、感染症、交通事故のことを考えると、完全室内飼いにすべきですが、
モミジは自分で戸を開けて出て行ってしまうし、
ご近所さんも、モミジを温かく見守ってくれているので、それに甘えています。
モミジは幸せだよなー。

もう一つ、思い出したこと。

吉右衛門がまだ元気で、遠くまで散歩に行けていた頃、吉右衛門にはハルちゃんというガールフレンドがいました。

右がハルちゃん、手前が吉右衛門↓

Sh3b0165

ハルちゃんの飼い主さんは、90歳(当時)の、一人暮らしのおばあちゃん。
ここではOさんとしておきます。
とっても動物が好きで、ずーっと犬や猫を飼っていたそうです。
上の写真には写っていませんが、猫さんもいたのですよ。

Oさんは、戦時中、大変なご苦労をされ、なんとか生き延びました。
(そのお話もいつかブログに載せたいなー)
ご主人とはお見合い結婚だったそうです。
まだ戦争の爪痕が深かった頃のこと、
Oさんは、結婚を申し込まれた時、
「人の食べる物もない時代であることは承知していますが、犬や猫が飼えないと仰るようなお宅へは、お嫁に参りません」
と、お返事したそうです。

言葉の表面だけ受け取れば、「おいおい……」って感じですが、
そのお返事の裏には、Oさんの、切実な平和への願いがあったのだと思います。

ご主人は、Oさんのその願いをくみ取ったのでしょう。
そして、同じ願いを抱いていたのでしょう。
Oさんのお嫁入りの日、お家には、一頭の犬がOさんを待っていたそうです。

小さな命を大切にできるのは、平和な証拠。

それから70年あまり、
Oさんは昨年亡くなり、お宅には、ハルちゃんも猫さんもいません。
ハルちゃんと猫さんはどうなってしまったのか……というお話は、またいつか。

「ネコが幸せになればヒトも幸せになり、地球も幸せになる!」
その言葉で考えたこと、思い出したことなどを、とりとめもなく書き連ねてしまいましたが、
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。