フォト

作品/村田栞

  • 作品/村田栞へ

犬猫物語

  • 枯れ葉色の犬へ

モミジ

2018年2月20日 (火)

初七日

吉のいない生活7日目。

まだ実感がありません。
ずっとパソコンに向かっていても、吉に呼ばれないのが不思議。

使える時間が増えたにもかかわらず、何もする気になりません。

「まさかのペットロス。こんなにダメージが大きいなんて、自分でもびっくり。看取るのは吉が初めてじゃないのにね」
パパさんにこぼしたら、
「吉から、たくさん幸せをもらったからだろ。悲しむのは悪いことじゃない。無理しないで、ゆっくり立ち直っていけばいい」
と言われました。

そうか。今が悲しいのは、吉がいた時にとても幸せだった証拠。

吉と暮らしたのはたった4年と8ヶ月。
けれど、とても濃い時間を過ごした。
特に、歩けなくなってから411日間は――
(ツクネもハツも3号も、亡くなる間際まで自力で歩いていたし、認知症にもならなかったので、介護らしい介護をしなかったのです)

実父の姿を重ねていたせいもあったのでしょう。
愛しくて、切なくて、
幸せだったのだな……と、あらためて思いました。

(=^^=)(=^^=)(=^^=)

居間に置きっぱなしだった吉右衛門のベッドやらトイレシーツやら、ご飯台など、細々した物を片付けました。
そうしたら、モミジがやってきて、ニャーニャー鳴きながらうろうろ。

Photo_4

 

やがて、吉右衛門の思い出の品を収めた箱に――

Photo_5

 

モミジは食器棚や仏壇などの高い所にいるのは好きですが、ふだん、猫ハウスや箱など、狭い所には入りません。
だから、ちょっとびっくり。

吉の不在が不思議だったのか、
吉がいなくて寂しいのか。

Dsc_1265  

とうとう、きみだけになってしまったね。

Dsc_1285

普段は、“おばあちゃん”の部屋で寝るモミジですが、昨夜は、ここで眠ったみたいです。
“おじちゃん”を護っているつもりかな?

2018年2月 4日 (日)

たまには猫の話

(=^^=)(=^^=)(=^^=)

猫は、ひげで幅を計るとか、
顔が通れば、体も通ると聞いたことがあります。


Photo

 

モミジは、隙間に手をかけて自分で戸を開けられるので、我が家では、各部屋の戸を常に少し開けておくのですが、


Photo_2


と、思ったのかどうか、
彼女は勢いよく隙間に飛び込み、


Photo_3




Photo_4

自分で思っていた以上に、お腹が太かったもよう。coldsweats01
吉は、歩けていた頃、しばしばあちこちにはさまりましたが、モミジがはさまったのは初めて見ました。

 

夏はスレンダーなモミジですが、冬になるとポヨンポヨン。


Photo_5



そうそう、通い猫のデカオですが、
雪の間は姿を見せませんでしたが、お天気が回復したらやってきました。


Dsc_0499
うちの子にならない? と、ただいま説得中

デカオくんも、ずいぶんと体型が変わりました。


Photo_6


同じ猫とは思えないgawk

(=^^=)(=^^=)(=^^=)

dog吉右衛門の近況報告。

この2週間は、安定剤(鎮静剤?)を飲ませていません。安定剤を飲んでも夜鳴きしましたし、時には飲んだ直後に、不自然な興奮状態に陥ることもあったからです。

相変わらず、眠っている時間は短く、目覚めている間は鳴いています。でも、鳴き方が以前ほど力強くないような……

鼻づまりに加えて、首を持ち上げる力も弱くなったせいか、フードがうまく食べられません。食欲そのものが落ちているのかも。

「トイレは外」と本犬は決めているようですが、支えていてもトイレの姿勢が取れず、出きらない感じ。寝ている間にも、シートにチビチビ出ているので腎臓はちゃんと働いている様子。
うんPの時は、私が抱っこして尻尾の付け根をマッサージして出します。色形硬さともに完ぺきなので、胃腸は異常なし。

dog先日の定期受診の結果

体重は8.07㎏ また減りましたdown
食べる量が減っているので、体重も減って当然。病的な減り方ではないので心配ないそうです。
心音はそれなり。肺の音もきれい。
というわけで、いつもの整腸剤とビタミン剤、鼻の薬をもらいました。

今朝の吉右衛門

Dsc_0500

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

インフルエンザで終わった2017年、年の瀬らしいことを何もしないまま、新年を迎えてしまいました。今年は健康で過ごせるように気をつけたいと思いますsweat01

前にインフルエンザにかかった時は、タミフルを飲んで、二日で治りましたが、
(その時は、ミイラになるんじゃないかっていうぐらい汗をかきました)

今回は、イナビルを吸い込んだものの、すぐには治らず。
(受診が遅かったせい? 他の風邪も一緒に引いていたのかも)
年には勝てないな~としみじみdown

イナビルの注意書きに、『小児・未成年者については異常行動の発現のおそれがあるため、少なくとも二日間、保護者は小児・未成年者が一人にならないように配慮してください』とありました。
それを飼い主1号に話したら――

Photo

というわけで、吉右衛門が私の見守り役にcoldsweats01

Photo_2

 

今朝の夢。(元旦の朝の夢は、初夢とはいわない?)

1

2

 

 吉は鼻づまりの薬を飲んでいますが、あまり改善されません。

でもまあ、およそ1年前に、「23日がヤマ、入院も可能ですが、おうちで看てあげた方が……」と言われたことを考えれば、戌年を迎えられたことや、鼻づまり程度で済んでいるのは奇跡。

多くは望みません。楽に、穏やかに過ごしてくれれば十分です。

2018年が、皆様にとってよいお年になりますように。

Photo_3

2017年11月18日 (土)

今週のハイライト

特に大きな変化もなく、無事に 1週間過ごしました。

今週のハイライト↓

Photo

Photo_2

Photo_3

モミジも元気です。
無理矢理記念写真

Dsc_0424

2017年11月 6日 (月)

お手紙置き場

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

 

 

(=^^=)(=^^=)(=^^=)

ここ数日、吉右衛門の眠りが浅いのです。

ご飯も食べたし、チッコもうんPも済んで、あとは寝るだけなのに、

ベッドに寝かせても、15分も経たないうちに

「起こせ~外へ連れてけ~」と騒ぎだします。

で、庭を少し歩かせると、疲れてしまって尻餅をついたり、

前足からくずおれてしまったり。

1509952641605

  

なので、ベッドに寝かせると、15分も経たないうちに「起こせ~外へ連れてけ~」

この繰り返し。

どこか痛いのかな。

単に、起きていたいだけならいいのですが。

Photo_5

 

2017年9月30日 (土)

予告

あっ!!




Photo_2




Photo_3


詳しいことがわかったら、またお知らせします

 (=^ェ^=)

2017年8月21日 (月)

かわいい と かわいそう

本日は、吉右衛門の診察日
ついでに、モミジの予防注射に行ってきました。


↓昨年同様、洗濯ネットに入れられたモミジ
Screenshot_20170821202459_1_2

この世の終わりのような雄叫びを上げておりましたよcoldsweats01


診察の結果、

吉右衛門の体重は、7.8㎏。前回と変わらず。
心音もそれなり。
夏ばてで来院する患畜さんが多い中、吉右衛門の状態はまずまず、と言われました。

モミジの体重は4.35㎏、前年比0.1㎏増。
いたって健康とのこと。

(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)


動物病院へ行って、ふと、思い出したこと。
夏の初め頃だったかな?

Photo



Photo_2



Photo_3

その子は、悲しそうな顔で、おじいちゃんが病気になったこと、
足がうまく動かなくて、車いす生活を強いられていることなどを話してくれました。

そして――

Photo_4


私自身は、「かわいそう」の言葉に抵抗はありません。

辞書において、「かわいそう」は、ふびんなさま、同情に堪えぬさま。

気の毒な様子を見たり知ったりした時に、わき上がってくる感情から、
思わず「かわいそう」と言ってしまうのは自然なことだと思っています。

でも、中には、若干の非難や侮蔑的なニュアンスを加えて「かわいそう」と言う人もいるらしく、
「かわいそう」と言われたくないし、自分も使わないという人もいます。

また、最近、『老犬は「かわいそう」じゃなくて「かわいい」』という記事も読んだので、

使うのが難しい言葉だなぁ、と思っていた矢先に、
上記の少年からの「かわいそう」


その子は、少し悲しげな微笑みを浮かべて、
吉右衛門を驚かせないように、そーっとそーっと頭を撫でてくれました。

歩けなくなった、自分のおじいさんの姿に重ねて、
できていたことが できなくなるのは 辛いに違いない、
痛みがあるなら、なおさらのこと……。
おじいさんや吉右衛門の気持ちを推し量ったのだと思います。

優しい心からの「かわいそう」

とても嬉しかったし、
この子は、自分のおじいさんにも、優しく接するだろうし、
相手の立場や気持ちを尊重する、素敵な大人に成長するだろうな、と思いました。

ちなみに、
「かわいい」を辞書(広辞苑)で調べたら、
カワユイの転。「可愛い」は当て字
①いたわしい。ふびんだ、かわいそうだ。三体詩抄
②愛すべきである。深い愛情を感じる。
③小さくて美しい。


「かわいそう」と思う気持ちと、「かわいい」と思う気持ち。
根っこにあるのは、優しさだと思うのだけれど……。

2017年8月14日 (月)

お盆休み

お盆休みで、にわかに人口密度が高くなった我が家。


モミジは帰ってきた人たちに、大人気。
Dsc_0324_1



Dsc_0317_1



Dsc_0304_1

でも、当のモミジは抱っこが嫌いcoldsweats01

慌てて逃げて――

Dsc_0298_1_2


お仏壇の上で、見えないヒトたちをお迎えすることにしました。

(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)


こないだ描いたお絵かき。

Photo



Photo_2



Photo_3



Dsc_0279_1


老いてますます可愛くなった吉右衛門。

お客さんが来ても気にしないで寝ていましたよ。

Dsc_0302_1


2017年7月30日 (日)

暑いので その2

暑いので、その2

2014年の大雪の時のエピソード。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4

普段は走らない吉右衛門が走ったことに驚き、対応が遅れてしまったのです(-_-;)
また、先代犬、ハツは足が三本しかありませんでしたが、凍結した道で転んだことはなかったので、
まったくの想定外。

この後、吉右衛門の歩き方がぎくしゃくしたので、
一般道が通行可能になるのを待って、医者へ連れていきました。
骨折はしていないと言われて、ほっとした憶えが……。

(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)

これは昨日の吉右衛門。

一昨日も昨夜も、
夜泣きもせず、眠ってばかり。
Dsc_0264_1_2

モミジも溶けそう。
Dsc_0251_1

2017年6月18日 (日)

推定年齢

我が家の犬、譲渡時の推定年齢は7歳。
その計算だと現在の推定年齢は11歳。
本当の年齢は?

耳が遠い、目が悪い、うまく立てない、左に傾く、うまく歩けない、心雑音がある。
この不具合は高齢だからなのか、
それともホントは若いけど、何かの病気なのか――。
詳しい検査をするには全身麻酔が必要。でも、もしも高齢だったら、麻酔は体の負担になる。

年齢がわからないって、いろいろ不便。

と、そこまで考えて、
もし、譲渡会で、「今年、12歳になります」と言われていたら、引き取っただろうかと自問する。

きっと迷っただろうし、家族が反対したかもしれない。
躊躇して、逡巡して、
それでも最終的には吉右衛門を選んだと思う。

君でよかった。君がよかった。

Dsc_0880

(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)

モミジは元気ですよ。じっとしていないので、いい感じの写真が撮れませんけどcoldsweats01

猫の手も借りたいと思うことはしばしばあるけど、
モミジが手を貸してくれたことはありません。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4

↑値千金とは、言わずと知れた老犬の健康的なう〇ち


より以前の記事一覧

新説東遊記

  • 新説東遊記 配信中

「新説東遊記」販売サイト

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

リンク

  • 山梨県 しっぽのおうちさがし
  • 里親様募集ブログ
  • 山梨県 わんわんルーム