フォト

作品/村田栞

  • 作品/村田栞へ

犬猫物語

  • 枯れ葉色の犬へ

モミジ

2017年6月18日 (日)

推定年齢

我が家の犬、譲渡時の推定年齢は7歳。
その計算だと現在の推定年齢は11歳。
本当の年齢は?

耳が遠い、目が悪い、うまく立てない、左に傾く、うまく歩けない、心雑音がある。
この不具合は高齢だからなのか、
それともホントは若いけど、何かの病気なのか――。
詳しい検査をするには全身麻酔が必要。でも、もしも高齢だったら、麻酔は体の負担になる。

年齢がわからないって、いろいろ不便。

と、そこまで考えて、
もし、譲渡会で、「今年、12歳になります」と言われていたら、引き取っただろうかと自問する。

きっと迷っただろうし、家族が反対したかもしれない。
躊躇して、逡巡して、
それでも最終的には吉右衛門を選んだと思う。

君でよかった。君がよかった。

Dsc_0880

(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)

モミジは元気ですよ。じっとしていないので、いい感じの写真が撮れませんけどcoldsweats01

猫の手も借りたいと思うことはしばしばあるけど、
モミジが手を貸してくれたことはありません。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4

↑値千金とは、言わずと知れた老犬の健康的なう〇ち


2017年5月30日 (火)

うちの子記念日 ロングバージョン


以前から このブログを訪問していただいている方には、今更のお話なのですが、

一昨日の記事が簡単すぎたので、
吉右衛門との縁を結んでくださった 山梨県わんわんルームの皆様及び、
預かりボラをなさっていた“めいさん”へのお礼を込めて、
あらためて
吉右衛門との出会いから現在までを振り返りたいと思います。

あ、長いですよ。お忙しい方は、すっ飛ばして、写真だけでも(ほとんど既出ですが)眺めてやってください。

なお、出会いの日については、4年前のことなので、記憶が曖昧な上、
村田の妄想が混じってしまっているため、正確さを欠いていることをご了承ください。

(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)

それは、2013年5月、第80回日本ダービーの開催日、
ファンの方々が東京競馬場もしくは場外馬券場またはテレビやパソコンの前で盛り上がる中、
私は、犬の譲渡会が開かれるという「みさか桃源郷公園」へ向かいました。

過去に飼った犬のことや、突然、犬が欲しくなったわけなどを語り始めると、文庫本一冊分ぐらいになってしまうので省きますが、

とにかく、当時の私は、保護犬の存在を知ったばかりで、見学のつもりで、譲渡会場へ行ったのです。
方向音痴の私は、カーナビの案内に従って、~(中略)~なぜか公園が崖下に見え~(以下略)

譲渡会場には、十頭ぐらいの犬が、それぞれ木陰につながれていました。
ミニチュアダックスっぽいのや、スピッツっぽいの、柴犬――成犬がほとんどで、その時は、子犬はいなかったように記憶しています。


譲渡には厳しい条件があることも、ある程度は調べてありましたし、
うちには3号がいたので、そう簡単に犬を譲っていただけるとは思っていませんでした。
だから、半分はひやかしで、ボランティアさんに声をかけてみました。

「猫と暮らせる犬、いますか?」

すると、一組のボランティアさん(多分ご夫婦)が、段ボール箱を抱えてやってきて、
「今ならもれなく子猫がついてきますよ」
というお返事。
「え?」

私は、猫と暮らせる犬を飼いたいのであって、猫をもらいにきたのではありません。
猫はすでにいます。
私が言い間違えたのか、または聞き間違えたのでしょうか。

「あの、うちには猫いるので、その子と暮らせる犬を――」
「なら、もう1匹、猫、いかがです?」
「???」

(なんで犬の譲渡会にきて猫を勧められるの?)
私の混乱をよそに、ボランティアさんたちが話し合いを始めます。
「あの子なら、猫ともフレンドリーかもしれないわね」
リーダーさんらしき方の視線の先には、かわいい柴犬がいました。
5歳ぐらいのメスとのこと。
その柴犬は、丸まったしっぽをぶんぶん振って、お子様連れのご家族にじゃれついていました。
(可愛いなー。あの子が来てくれたら……)
その柴の女の子に、とても心が惹かれました。

「あと、ダイちゃんはどうかしら? 散歩の時に猫を見ても無視しているから、大丈夫じゃない?」
そんな声が聞こえ、私はそちらの会話に交じることにしました。

ダイは、推定年齢7歳のオスで、
今日の譲渡会に参加予定だけれど、預かりボランティアさんの都合で、少し到着が遅れるとのことでした。

「7歳ぐらい……。一緒に暮らせる時間が短いのはちょっと……」
実家にいた時を含めて、計5頭の犬と暮らし、つらい別れを経験しているので、
できるだけ長く一緒にいたいという気持ちは否めません。

(あの柴の女の子がいいって、言っちゃおうかな)
いや、そもそも今日は見学のつもりだったし、
などと思いながら、繋がれている犬たちの頭をなでていると、

「ダイちゃんが来た」
という声が――。

振り返った瞬間から、私の目はその犬に釘付けになってしまいました。
リードを持っている少年と、そのお母様が、かねてからの知人であることにも気づかず――。

柴犬とも秋田犬ともつかない、微妙な顔。
いまひとつ、巻き方にしまりのないしっぽ。
折れた右耳、
八の字眉毛、
ぼへ~っとした眼差し。

(何て素敵な……lovely

そうです。私はその推定年齢7歳のダイに、一目惚れしてしまったのです。

Photo

 
一緒にいられる時間が短い……ということが引っかかり、
しばし逡巡しました。
でも、どうしてもこの犬と暮らしたいという気持ちが勝り、とりあえず、トライアルをお願いしました。
ダイの預かりボランティアさんが知り合いだったこともあったのでしょう、話はとんとん拍子に進みます。

「なら、猫も一緒にいかがです?」
先ほどのご夫婦のボランティアさんに声をかけられました。
わけを聞くと、近所の物置で野良猫が出産したので、離乳を待って保護したとのこと。
母猫と他の子猫はまだ捕まらないとのことです。

中をのぞくと、三毛の子猫が不安げにこちらを見上げています。

(だめだ……可愛すぎる)

保護犬の譲渡会で、猫と暮らせる犬がいるか――と、訊いてくる里親希望者は、いったい何人いるのか。
犬の譲渡会に参加する猫がいったい何匹いるのか。
猫と暮らせる保護犬が何匹いるのか。その犬の預かりさんが、希望者の知り合いである確率は何パーセントなのか。


「天啓かもしれない」
 

その場で、家に電話しました。
「犬、お試しで、連れて帰るけどいいかな?……それと、子猫がおまけについてくるんだけど……」
『いいよ。1匹も2匹も変わらないわよ』
半世紀以上の猫飼い歴を持つ“おばあちゃん”は快諾。


要約すると↓ (既出の絵ですみません)
 
Photo_2
 

譲渡会場で撮っていただいた写真↓
 
Photo_3

うちにつれて帰ると、3号は、最初の5分ほど目を丸くしていましたが、
犬に怯える様子もなく、
また、大人しいダイは、先住猫を格上と認めたようでした。
Photo_4

その日、ダービーで勝ったのは、「キズナ」
何だか、嘘のような本当の話。


犬の名前の候補はいくつかあり、ダイのままという案もありましたが、
“パパさん”が、「うちの家族になったんだから、新しい名前をつけたい」とのこと。
まだトライアル中だったのですけどね。coldsweats01

で、最有力候補は「おつ」。「おっさん」と呼びたいと――。

でも、子猫のためのケージを買いにいく途中で、“パパさん”の中で急に何かが閃いたらしく、
「吉右衛門にしよう。額の模様が歌舞伎役者みたいだから」
“おばあちゃん”が中村吉右衛門のファンであることを知っていての所業でしょうか。
「呼び捨てにできないじゃない」
と、“おばあちゃん”。
“おばあちゃん”は、今も吉右衛門を「きっちゃん」と呼びます。

トライアルが終了し、正式に譲渡していただく際にうかがった話によると、
吉右衛門は、愛護センターに飼い主によって持ち込まれた犬だそうです。

飼い主持ち込みの場合は、殺処分されることが多いそうですが、(この辺、記憶が曖昧なので、鵜呑みにしないでください)
健康で、人なつこく、大人しい犬なので、きっと里親が見つかるだろうと、保護ボラさんが引き出したとか。

愛されて育ったように思われるので、
もとの飼い主さんに、どうにもならない事情が起きて、泣く泣くセンターに持ち込んだのでは、と 思います。というか思いたいです。

吉右衛門も、多分、もとの飼い主さんが迎えに来るのを待っていたのだと思います。
散歩に連れ出すと、どこまでもどこまでも歩いて行こうとしました。
引っぱりはせず、私の歩調に合わせてくれましたが、
戻ろうとすると、切なげに遠くを見ます。

 
「もとの家に帰りたい?」
『そりゃあ、もちろん』
そんな声が聞こえてきそうでした。


一方、おまけ子猫をモミジと名づけたのも“パパさん”です。
色合いが、花札のモミジみたいだからだそうです。

 
 
モミジは、とても恐がりで、ケージから出しても、すぐに隅っこにかくれてまいます。
Photo_5


3号のストレスが心配だったので、最初は、吉右衛門を“おばあちゃん”の部屋の前のテラスに係留しておいたのですが、吉右衛門は寂しがり屋で、人の気配が遠ざかると「ヒンヒンヒンヒン」と情けない声で泣きました。
なので、玄関へつなぎ、やがて居間で暮らすようになりました。

破壊大魔王に変身したモミジは、3号と遊びたがりましたが、3号は子猫のパワーに押され気味。
「ならば、あっしが遊んであげやしょう」という吉右衛門に対し、モミジは引き気味。
吉右衛門は、3号がやってくれば、道を譲り――という、変則的三角関係ができあがりました。


吉右衛門と散歩していると、
「何歳で。へえいい歳ずら」「顔が白いし、12歳ぐれえけ?」
と、ベテラン犬飼いさんからよく声をかけられました。

獣医さんは、「確かに歯を見ると一桁な感じだけど……」
と、言葉を濁しました。
もしかすると、7歳以上だったのかもしれません。

でも、年齢なんてどうでもよくなっていました。
あの日、あの場所で、出会い、モミジとともに我が家の一員になる運命の犬だったのですから。

あ、吉右衛門の誕生日ですが、なぜうちの子記念日と同じなのかというとですね。
登録のために市役所へ行くと、誕生日を書く欄があり、保護犬なのでわからない旨を伝えると、
「適当に設定してください」とのこと。

もうダービーの日にするしかないでしょ?

私が記事をアップする前からお祝いメッセージをくださった方々、
ありがとうございます~m(_ _)m

話を戻します。

Photo_6

わんわんルームのボランティアさんに撮っていただきました↑
エビィちゃん、里親さんが見つかったと聞いたけど、今頃、どうしてるかなあ。

ちなみに、この日に勝ったのは、ワンアンドオンリー。

Photo_7

この年に勝ったのはドゥラメンテ?
バタバタしていて、ブログをお休みしていた時期でした。

悲しいことや辛いことや、悔しいこともあったけど、
犬猫から癒やしパワーをもらって、何とか乗りきり、
ささやかな幸せを実感できるようになったのですが――。

Photo_8

Photo_9

Photo_10

親身になって相談に乗ってくださった方が被災し、weep

Photo_11

Photo_12

Photo_13


3号のいない寂しさを埋めてくれたのは、他ならぬ吉右衛門でした。
その頃の吉右衛門は、
足元がおぼつかなくなって、トイレには支えが必要になっていました。

きっと歳のせいだろう、保護時の推定年齢は7歳だったけど、実際はもっと年寄りだったからに違いないと思っていたけれど――。
 

Photo_14


「この2、3日がヤマです。入院という選択肢もありますが、お家につれて帰って、一緒にいてあげる方が……」
と、獣医さんに言われました。

その後のことは、最近の記事に載せたので、省きます。

昨日は、2週間に一度の診察日だったのですが、
体重は7、4キロ。前回よりも200グラム増。\(^_^)/

ご飯も、まあまあ食べて、排泄も順調。

脳腫瘍ではなく、脳梗塞だったのかもしれません。
全身麻酔は体の負担になるので、詳しい検査はしていません。
お医者さんも、年齢がわからないので、診断や治療方針を立てるのが難しいとおっしゃっていました。


とにかく、4回目のうちの子記念日&お誕生日が迎えられてよかった。

一昨日はレイデオロが勝ったとか。
黄金の王という意味だそうですね。

我の王様は……↓
Photo_15



さいごまで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

2017年5月28日 (日)

うちの子記念日&吉右衛門の誕生日

Photo
Photo_2
Photo_3
なかなかじっとしてくれない愛犬愛猫愛ウサギさんたちをかわいらしく写真に撮っていらっしゃるブロガーさんって、すごいと思います。


というわけで、coldsweats01
“パパさん”に頼んで、撮ってもらいました。
Photo_4


Photo_5


2017年5月25日 (木)

普段は騒ぐくせに

Photo
Photo_2
まだ元気だったころから、
雷が鳴っても平気だったし、
掃除機かけても眠っていたし、
よその犬に吠えられても、無視してたから、
てっきり耳が遠いのかなーと思っていたけど、

もしかして、本当は耳 聞こえていて、
狸寝入りを決め込んでんじゃないかい?

(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)

モミジの近況

Photo_3



デカオとは こやつのこと。
Dsc_0770

どこかの飼い猫なのか、野良なのか不明。
時々、うちにやってきて、モミジのご飯を盗み食い。

野良なら、保護して、去勢手術と予防注射ぐらいは……と、考えているのですが、
なかなか捕まりません。
長毛なので、 ω の有無も未確認。
Photo_4




アルバムを整理していたら、昨年の写真が出てきた。

寂しいね。
Dsc_0398

2017年4月 8日 (土)

春だから

本日の吉右衛門、
何だか落ち着かなくて、
(村田語では、おじょおじょ)
むっくり起き上がっては、2、3歩 歩いて、転ぶ――の繰り返し。

そう言えば、去年の今頃も、
やたらに歩き回っては、あちこちはさまっていましたが……。

最も、救出が困難だったのはこれ↓
Photo

今は、誰かが必ず見張っているので、はさまったりはしません。

で、本日の吉右衛門、元気はありそうだけど、食欲は今ひとつ。
春だから、心が騒ぐのかな?

Photo_2


Photo_3

Photo_4

そういえば、ここのところ、およその猫が庭に――。

Photo_5


Photo_6


人慣れしているので、どこかの飼い猫だと思われます。

どこの猫だかわからないので、勝手にデカオと名づけました。
大きいから。

2017年2月11日 (土)

おばあちゃんの部屋で

吉右衛門の「えおん、えおん」
うまく動けないストレスかな?
なら、気分転換に――と、
“おばあちゃん”のお部屋でお昼寝させてみました。

“おばあちゃん”の部屋では、モミジが眠っていました。

Photo_6

おや? モミジが目を覚ましたようです。

あらら、乙女のお尻が……

Photo_7



Photo_8



Photo_9



Photo_10

モミジはうろたえていましたが、吉右衛門は全然きづかず、眠っておりました。

(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)

先日の診察では、吉右衛門は体重が7、15キロにまで回復。心雑音はあるものの、暮れの状態に比べるとかなり元気になっているとのことでした。

2017年2月 4日 (土)

昼間の吉右衛門

Photo



Photo_2



Photo_3



Photo_4



Photo_5



Photo_6

でも、
吉右衛門は……

Photo_7


(=^ェ^=)(=^ェ^=)(=^ェ^=)

夜泣きは、薬のせいで、お腹が空くのかな? と思い、
薬を朝に飲ませたいのですが、
朝は寝ているので、結局、昼間になってしまいます。

で、やっぱり夜はバタバタします。
犬ってもともとは夜行性だから?
それとも認知症のせい?

2017年1月23日 (月)

おじちゃんを元気にする方法

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7

2017年1月 1日 (日)

3号がいない元旦

昨年は、公私ともにお世話になりました。
本年もどうかよろしくお願いいたします。
2017年が皆様にとってよい年になりますように。


(=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)

3号がいなくなって、モミジが妙に大人しくなりました。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

今朝の吉右衛門、
ちゃんとオ○ッコが出て、
薬も飲んで、水も飲んで
犬用ビーフジャーキーと
モミジのちゅ~るとカリカリを食べて(固形物を食べるのは、何日ぶり!?happy01
唐揚げも少し食べられました。

犬用フードを食べなかったけれど、少しでも栄養になるならいいかなと。

2016年11月21日 (月)

モミジ狩り

村田はゲーム類は苦手で、観る方が好きなのですが
今回はビンゴゲーム、がんばってみました。
1479689825239_15950
だって、落ち葉色の大地なんだもの。

落ち葉色 (腐葉土色ともいう) の猫↓
Photo_7



モミジ狩り↓

Dsc_0034_1_2



鬼瓦? しゃちほこ?

Photo_8


Photo_9

Photo_10


より以前の記事一覧